日別アーカイブ: 2018.02.05

運動ダイエットと食事ダイエット

Published / by 管理者
Pocket

体重がまずいいつまでも若々しく見られると相手の人からも好印象を持ってもらえるし、自分も気持ちが明るくなっていろいろな面で活動的になれます。しかし社会人になると仕事が忙しくなってしまいどうしても運動する機会が無くなってしまうため、運動不足になってしまい、肥満になってしまいます。しかし肥満は相手の人に対しても悪い印象を与えてしまい、またいろいろな病気の原因にもなってしまいます。

そこで肥満を解消するためにはダイエットをする必要があります。ダイエットの方法は運動をする方法と食事による方法があります。美容外科などの力を借りれば、以前お話したような脂肪吸引でダイエットする方法もありますが、今回は脂肪吸引ではなく、あくまで自分で出来るダイエット方法をお伝えします。まず運動をする方法ですが、毎日数十分ジョギングかウォーキングをすると効果が出ます。運動は激しい運動よりも軽い有酸素運動の方が体に出来た脂肪を燃焼させることができるので効果的です。そして軽い筋トレを加えることによって基礎代謝をあげることが出来て太りにくい体を作ることができます

次に食事による方法ですが、食事は全く食べないのは良くなく、毎日3食規則正しくとることが大切です。そして食べる量を腹八分程度にするといいでしょう。ダイエットをしていつまでも若々しさを保ちましょう。

ダイエットの目的と方法

ダイエットは元々は方針という意味です。つまりその目的には痩せることだけでなく、生活習慣を見直して改善することもあります。ただ痩せるのではなく基礎代謝を落とさず、筋肉の量や骨の密度を維持したまま、余分な体脂肪を減らすといったものです。なお筋肉の量が減ると基礎代謝が落ちて、痩せにくい体質になります。

ダイエットのさいに間違った方法を行えば、リバウンドが起きやすく、太りやすい体質になります。正しい方法は様々な食品を使った食事を適量、1日3回と規則正しくとることです。食事を抜く習慣がある人の中には、体重が重い人が多いです。食べ過ぎや飲み過ぎ、逆にほとんど食べないということもしてはいけないです。特にお酒を飲むときは要注意です。アルコールは食欲を増進させますし、お酒そのものにもカロリーがあるからです。

さらに脂肪が多いものや、甘いものはひかえめにすることが大切です。痩せる効果がある食べ物やサプリメントを取り入れるのは良いですが、頼り過ぎるのは良くないです。また、適度な運動も大切です。先ずは1日1万歩を歩くのを目標にすると良いです。運動せずに食事の量だけ減らすと、体脂肪だけではなく筋肉まで落ちてしまいます。

ダイエットを成功させるために

美しい体系を保つためにダイエットに励む女性は多いですが、なかなか思うように効果が現れず、結果が出る前に挫折してしまう話をよく聞きます。原因のひとつは、減量するために無理な食事制限をして、そのための空腹感に絶えられなかったり、計画した食生活が継続するのに手間や精神的強さが必要だったりして、長続きしないことです。また、極端な食事制限は栄養不足などを起こして健康に害を及ぼし、ひどい場合だと病院に通わなければならない結果にもなりかねません。

運動また一旦は体重が減っても、その後でリバウンドをしたり、あるいは過食症や拒食症になり、それらの後遺症に悩まされることになる場合もあります。そしてもうひとつは、ジョギングをしたりフィットネスに通ったりなどして、運動により体脂肪を燃焼し体重を減らすやり方です。ですがこれも、なかなか計画どおり続けらなかったり、あるいは無理な運動から身体を壊したりして、途中で挫折してしまうことがよくあります。

このように、ダイエットは簡単なように思えて、実際にはとても難しいものだと思った方がいいでしょう。素人の思いつきでやるのではなく、専門家の指導に従ったり、科学的な方法に基づいた機能食品やエクササイズのやり方を利用して、健康を損なわないように注意しながら無理のないよう行うことが、成功する一番の近道なのかもしれません。